いざ、不動産を売却しようと考えたとき、あなたはどうお考えになりますか?
まずは、どのような流れで進めるかを知りたいと思いませんか?

例えば、現在売ろうとしている不動産の名義人は誰になっているかや、一軒家であれば家財道具や生活用品がそのままで整理が必要とか、または、家付き土地で売るか、家を解体してうるかの判断など、少し気にしだすと、次々と思い浮かぶことが多いのではありませんか?

そのような不動産に売却の流れにまつわる諸問題をワンストップで解決できる窓口があればとても便利でスムーズと思いませんか?

弊社では、不動産の売却に関する一連の流れを一括して引き受けることができます。
弊社では、不動産の売却をするために必要なことをお客様との打ち合わせにて見つけだし、ひとつづつ丁寧に紐解いていき、売却までの流れを進めていきます。

【 価格査定 】

不動産は唯一無二のものです。 同じようなものはあれど、全く同じものは存在しません。
違いといえば、土地の面積や形、前面道路の方角や幅員・高低差など様々な要素の塊が不動産だからです。その不動産の長所と短所となる属性をしっかりと調査し、不動産の適正な価格を導き出す 「 査定 」が必要です。
弊社の査定は当然無料です!
近隣の売却取引事例を収集した上で適切な取引事例を選択し、取引価格を事情補正 ・ 時点修正し、地域要因・個別的要因を比較し、価格を導き出す「取引事例比較法」を用いて価格を比較して評価額を求めます。

【 権利関係 】

気になる不動産の権利。いろいろな状況を考えてみましょう!

今、売却をご検討している不動産の名義はどなたですか?
1、この不動産を購入されたのは私です。
2、この不動産は相続して兄弟姉妹が持分保有している。
3、親が他界して、名義はそのままになっている。
4、ずっとほったらかしにしていて、相続が重なり、所有者が多数いる。

不動産の名義には、様々なケースがあります。上記の例は、ほんの一例に過ぎません。
不動産を売却するには、不動産の名義人をしっかりと把握し、必要があれば整理して、権利を明確にする必要があります。
弊社では、どのような状態でも、仕業の方々と太いパイプで提携しているので、堅実に権利関係を整理して売却できる仕組みを構築しておりますので、ご安心してご相談ください。

【 不動産の買取 】

不動産の買取と仲介の違いは?

不動産の買取は、不動産会社が買主となって買取、家であればリフォームなどを実施し、エンドユーザーへ再販するものです。

従って、市場流通によって売却するよりも、価格は安くなります。早く不動産の管理負担などから解放されたいとお考えの場合や、急ぎで換価(お金に換えたい)したいときなどは、買取もひとつの選択肢になるでしょう。
また、ニーズ的に売り出ししても中々売れない、こんなときにも管理負担などを長期で負担するよりは、値が下がっても致し方ないとのお考えになったら、検討するのもよいと思います。
但し、一般でニーズが無い不動産は、かなりの低価格が予想されます。
いづれにしても買取は、価格が低いというのは、よく理解して相談された方がよいです。
ただ価格が安くなるだけではなく、当然メリットもあります。先にあるように、早くお金に換えられるメリットと、(※1)契約不適合責任を逃れることができること、そして仲介手数料が発生しないこともメリットとして上げられます。

メリット・デメリットをよく理解して買取という選択肢も売却に利用できることを知って頂ければと思います。

※1 契約不適合責任とは
売買契約や請負契約の履行において、引き渡された売買の目的物が種類・品質・数量に関して契約の内容に適合しない場合に、売主・請負人が買主・注文者に対して負うこととなる責任。債務不履行により生じる責任のひとつである。

売却の簡単な流れ

1. 売却の相談

売却方法については、売主様の都合や状況、スケジュールによって変わってきます。
住宅ローンが残っていたり、不動産の相場や売却にかかる費用はいくらぐらいかなど、売主様によって状況は様々です。不動産の売却を検討するにあたって、まずは弊社へご相談ください。

2. 調査・査定・物件確認

不動産の売却は、いくらで売れるか不動産の価値を把握することから始まります。
査定時には不動産の状態や権利関係(所有者の確認)などさまざまな角度から調査を行い、周辺の取引事例・現在の売出事例、売り手市場か買い手市場かなどの市場動向やエリア特性などを勘案して査定価格を算出します。

3. 媒介契約

査定で示された売却価格についての説明を受け、売主様にご納得いただけたら、媒介契約の締結を致します。

4. 売却活動

弊社は不動産売却の手法として、不動産ポータルサイト 「at home アットホーム」福岡県宅建協会の運営する「ふれんず」不動産情報サイトの活用、そして公益社団法人西日本不動産流通機構「レインズ」への情報公開しより、一般ユーザーはもとより、不動産業者間での情報共有も積極的に取り入れ、いち早く売却できるようにしています。
また、弊社ホームページでもご覧いただけるように公開致します。

5. 購入希望者の申し込み ~ 売買契約締結

購入を希望する方からの「買付申込書」を受領します。買付申込書にある要望(価格や引渡し等の要望)などを売主様と調整し、売主様と買主様が合意に至ったら、売買契約書を作成し、売買契約を締結します。

6. 決済日(所有権移転・引渡し・登記手続きの日)

買主様の融資承認が金融機関から正式にでたら、金融機関で決済し売買代金支払い等を行います。

不動産の売却相談から売却に至るまでの流れは、上記にあるように進みます。
上記の期間中に、相続の登記や家財道具の処分・整理、家の解体が必要であれば手配・準備をします。
必要な書類や手続きなどの準備やその時期は、弊社が的確にお伝えいたしますので、ご安心ください。